読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PSLブログ

ヨシナシゴトヲツヅリマス

Chromeのアプリケーション化でGmailを使う

長いことBecky!独自ドメインのアカウントを使用してきたが、数年前に、すべてのメールをGmailのアカウントに転送して扱うことにした。で、Gmailを使うためのクライアントしてThunderbirdを使ってきたのだが、これがひたすら重い…。速いPCに買い替えたりしてしのいできたが、入力中にIMEが勝手に切り替わって、ショートカットを押したことになったりとかなりめんどくさい。検索機能を有効にするとがしがしインデックスを作り続けるようで、これが元凶だった。global-messages-db.sqliteが2Gを超えていた。実際にそうなのかよくわからないが、こんなインデックスを作って置きながら、じっさいに検索をするとGmailに問い合わせているかのような速度なのだ。このインデックスの意味がない。

ブラウザでGmailを使う方法はあるが、というかそれが最も一般的なのかもしれないが、今まで、メール作成画面が使いにくいので敬遠してきたのだった。しかしもうその方が軽いのではないか、オフラインでもメールをかけるといいなとか思っていたが、今時オンライン縛りでも全然不自由しないくらいになってきたし、もうそうしようと思って、うまい使い方を探していたら、Chromekioskモードのような機能があった!中身はブラウザなのだが、ブラウザとは独立して起動できて、アプリケーションのように振る舞ってくれる。これは便利。アプリケーション化の方法は以下のページを参考にした。

saiut.com

この機能は残念ながらWindows版のChromeにしかない。

これ、Webサイトなら何でも作れるので、Webシステムの管理画面などこれでアイコンを作っておくととても具合がよい。

ComodoのPositiveSSLってどうよ

SSL証明書を、いままで日本の販売代理店経由で、RapidSSLをもっぱら購入して使用していた。最安で1080円(税込)で変えたのだが、いざ買おうとしたら、同じサイトで2980円となっていた。なぜだ。

そんなはずはないと、いろいろ探して、どうも日本のサイトは軒並み高くなっている。そこで下記のサイトに行くと、4.99ドル/年で買えるではないか。試しに買ってみたが、アクティベーションできなかった。

ssls.com

このサイトのサポートにチャットで聞いてみたところ、4/15以降、jpドメインと、認証情報の住所が日本である場合海外のサイトでは購入できなくなったとのこと。購入はできるがアクティベーションできない。今後もRapidSSLを使いたいなら、日本のリセラー経由で、今までの3倍の値段で購入して使えと。なぜだ。

いつもの日本語サイトでも、上記のssls.comでも、ComodoのPositiveSSLをすすめている(安いから)ので、つかってみることにした。使ったことがないので不安だったが、ほぼ100%のブラウザで対応しているということだし、4サイト分を一度に買って、31.48ドルですんだ。安い。ボリュームディスカウントがあるのはうれしい。シマンテックよ、さらば。

ui-tabsでタブの選択状態を指定する

jQuery ui-tabsでタブの選択状態を指定するのに、selectedが無視されるので調べたら、1.10からactiveに変わっていた。

jQuery UI1.10へのバージョンアップ時の注意[タブ利用、tabs、selected] | ウェブアラカルト

いままでは、

$('#tabs').tabs({
	selected: 1
});

としていたのが、1.10以降では

$('#tabs').tabs({
	active: 1
});

と書く必要がある。

いろんなバージョンを使っているので忘れた頃に同じ問題が起こりそう。

IPv6を無効化した弊害

サーバ 技術的なこと

今日発表されたglibc脆弱性(CVE-2015-0235、通称GHOST)は、gethostbyname関数を悪用することで、サーバ上の任意のコードを外から実行できてしまうというもので、ただちにパッチを当てるべきとのことで、さっそく受け持ちのサーバに対応させていった。最近サーバが安くなったのもあって、自社やクライアントの専用サーバやVPSがいくつもあり、それらすべてをアップデートする必要があった。

アップデートの方法自体は簡単で、glibcのパッケージをyumで更新するだけだ。

yum -y update glibc

いつもと違うのは、その後サーバ自体をrebootさせてやる必要があることで、手元にコンソールがないわけだがssh経由で片っ端からリブートをかけていったが、1台だけうまくいかないサーバがあった。

続きを読む

Windowsなperlでデスクトップのパスを取得する

Perl/CGI

これは便利。

use Win32::OLE;
my $wsh = new Win32::OLE 'WScript.Shell';
my $desktop_path = $wsh->SpecialFolders('Desktop');

今までは "$ENV{USERPROFILE}/Desktop" のようなことをしていたが、私のようにデスクトップをDドライブに移動していたりすると使えない。

Spreadsheet::XLSXでValの値についてしまうフリガナを除去

Perl/CGI 技術的なこと

ExcelのワークシートをPerlで読み出してごにょごにょするプログラムを使っているだが、以前は98以前のバイナリを扱えるSpreadsheet::ParseExcelを使っていたが、さすがに古いので、同じ人がメインテナーをやっているSpreadsheet::XLSXを使っている。ところが、タイトルの通り、セルの値をValで取ってくると、フリガナがくっついてしまう(いつもではない、つくのとそうでないのとがある…)。ググったらズバリの記事を発見。

【Perl】Spreadsheet::XLSXでセルの値に勝手にフリガナが付く件について

foreach my $si ($mstr =~ /<si.*?>(.*?)<\/si/gsm) {
+                       $si =~ s!<rPh[^>]*>.*?</rPh>!!gsm;
my $str;

1行加えるだけ。とりあえず回避できた。